予防歯科
高維持力機能総義歯
インプラント
訪問歯科診療
院内感染防止
入れ歯とは?
入れ歯は失った歯の代わりとして使用する取り外し可能な器具です。歯を失ってしまった部位を補い、噛むこと、話すこと、また見た目を回復したりします。
 
費用は?
医療保険を使用して製作することができます。 また、診査、診断の結果やご要望を踏まえて保険外診療(自費)にて製作する場合もあります。 よくお話を伺い、患者様一人一人に適した入れ歯を製作いたします。
◆保険の入れ歯
当院では保険の入れ歯でも、無くなった歯の本数に応じて、型取りを2回行ったり、顎の位置の検査をして、丁寧に製作しております
☜保険で上は部分入れ歯、下は総入れ歯を製作した例 痛くなく使えるよう、しっかりと調整をします
◆保険外診療(自費)の入れ歯
見た目が気になる、違和感をなくしたい、しっかり噛みたい、金属アレルギーがある・・・いろんなご要望にお応えすることができるように様々な選択肢をご用意しております。
☝金属アレルギーの方に入れ歯を製作した例 金属を使わず、噛み合わせの良いのジルコニアを使った部分入れ歯
☝☜自費で入れ歯を製作した例 自費で使用する金属は、強度に優れ薄くできるため、違和感が少ない
☜治療用義歯 噛み合わせが不安定な方に顎のリハビリテーションを行い、より噛みやすく、 義歯が安定しやすい位置を探すためのトレーニング用の入れ歯
☜高維持力機能総義歯 より安定し、違和感がなく、 噛みやすい総入れ歯
◆高維持力機能総義歯とは?
五十嵐尚美が考案した高維持力=とても安定、総義歯=総入れ歯、つまり、とても安定して使いやすく違和感の少ない総入れ歯のことです。 食事をしていない時には入れ歯を入れていない錯覚を起こすような付け心地で、ふんわりとくっついていますが、食事中にはしっかりくっついて、よく噛める総入れ歯です。
◆書籍を出版しました!
当院の五十嵐尚美が、「つけた際の違和感がなく外れない、噛みやすく、見た目、発音に優れ長期にわたり使用可能な総入れ歯」を製作するために、理論に基づいた必要な方法論をまとめた『生体に優しい総義歯製作法~高維持力機能総義歯~』という書籍を執筆しました。  当院は他の歯科医師が担当する場合でも、五十嵐尚美の指導もとで、高維持力機能総義歯を製作いたします。