インプラント
INC
むし歯の治療
歯周病
予防歯科
訪問歯科診療
院内感染のための取取り組み
スタッフ
ブログ
お問合わせ
トップページ 





◆インプラント治療
インプラントは、取りはずしの必要な入れ歯がどうしても嫌な方、歯が抜けた部位を治療するのに隣の歯を削りたくない方、 天然に近いかみ合わせを回復したいとお考えの方などには、インプラント治療は有効な手段であると言えるでしょう 。
詳しいことを知りたい方は、お気軽にご相談下さい。


◆4種類のインプラントシステム
いがらし歯科医院グループでは
1.アンキロスインプラント
2.オステオスピードインプラント
3.ノーベルアクティブインプラント
4.カムログインプラント
4種類のインプラントシステムを導入しています。
 
選択基準として…
(1)長期予後に関して特に良い成績であること
(2)宣伝費以上にとくに研究開発費に費やす割合が高いこと
(3)研究論文が多数存在し、それにより予後が証明されていること
(4)日本だけのシェアだけではなく、諸外国にも広く広められているもの
※インプラントの素材には、人体になじみが良いチタンが一般的に使用されます。


アンキロス ・主にヨーロッパで広く使用されている
・骨に対しての親和性が良い
・インプラントの形態が画期的
オステオスピード ・世界3大インプラントの1つで国際的にメジャーなもの
・特にアメリカでのシェアが多い
・骨の吸収が少ない的
・論文数も多い
ノーベルアクティブ ・世界最大大手メーカーである
・軟らかい骨質でも良好な初期固定を実現
・審美性が要求される部位にも有効なデザイン
・世界で最も多い臨床実績をもつ会社のも
カムログ ・ドイツ製
・ヨーロッパでシェアが伸びている
・アバットが豊富で補綴の応用が広い


治 療 法 料 金 説  明
インプラント1本 315,000円
骨再生誘導法 42,000円 顎の骨が薄い場合に行います
骨の移植 15,750円 骨が薄い場合人工の骨を入れます
挙上ソケット 31,500円 上顎の骨がなく十分な骨の厚みがない場合
サイナスリフト 73,500円 上顎の骨がほとんどなく十分な骨の厚みがない場合
静脈内鎮静法 52,500円 半分眠った状態になる麻酔
CT 15,000円 精密なレントゲン
すべての治療が必要なわけではありません。
が付いている治療は必要のある場合のみ行う治療です。
また、静脈内鎮静法は手術が怖かったり、音が嫌な方にオススメです。
腫れなども抑えるお薬も入っていますので、術後も体の負担が少ないです。


◆医師のご紹介
インプラント担当医


五十嵐 三彦 院長
   
静脈内鎮静法担当医

下坂 典立 先生

日本大学松戸歯学部付属病院 麻酔科医


◆インプラント治療をご存知ですか?
失った歯の変わりにあごの骨の中に人工の歯根を植えて、セラミックで作った歯をつける方法です。
自分の歯と同じように使うことができます。
 
 
歯がなくなると、健康な歯を削って橋渡しをする上図のようなブリッジか、取り外しが可能な入れ歯になってしまいます。
しかし、インプラントにすると前後の歯を削らず負担も軽減することが可能になります。

麻酔をし、骨の中にインプラントを埋め、糸で結びます。骨とインプラントがつくまで2〜6ヶ月ほど待ちます。
 

あごの骨とインプラントがついたのを確認して、上物が入る穴をあけ、歯肉が落ち着いたら差し歯を作ります。


◆インプラントの治療例
必要な方はCTを撮って頂きます(10,000円)
 

インプラント挿入後のレントゲン
   

この症例では従来の治療ですと、入れ歯を作るしかありませんでした。
   

インプラントを使用すると、入れ歯を使用することが無く、自然な感じの歯を作ることが可能になります。


◆インプラントQ&A
Q. インプラント治療は大変ですか?
A. 手術の必要があります。手術は親知らずを抜くよりもらくだったとおっしゃいます。手術時間は1〜2時間程度です。(治療内容によって異なります)また、ご希望があれば麻酔の専門医による心を落ち着かせる麻酔をすることが可能です。インプラントが骨と癒着するまでに2〜6ヶ月必要です。さらに、人工の歯を作るのに1〜2ヶ月必要です。(治療内容や症例によって多少増えることがあります)
   
Q. 一生持つのでしょうか?
A. 残念ながらインプラントはすべての方が一生使用できる訳ではありません。中には除去しなければならない場合もあります。除去しなければならない原因の多くは「インプラント周囲の骨が炎症」することです。骨の化膿が広がらないうちに除去すれば危険なことはありません。当院でも100%成功する訳ではありません。しかし、骨の状態に問題が無ければ再度インプラントをすることができます。 インプラントの寿命は健康状態やあごの骨、かみ合わせ、お口の中のお手入れの状態によって変わってきます。大切に使えば10年以上使用できる方が90%以上いらっしゃいます。
   
Q. インプラント治療は誰でうけられれるのでしょうか?
A. 残念ながら現時点では誰もが受けられる治療法ではありません。
年齢、健康状態、あごの骨の状態、口の中の状態などによりできない場合があり、以下のものがあげられます。
・15歳以下の方
・手術に適していない体調の方
・コントロールされていない全身疾患を有してる方
・アレルギー体質の方
・あごの骨がやせている方
・お口の手入れがよくない方

その他、 これらの方は、顎の成長がすることや細菌による抵抗力が少なかったり、インプラントなどがかむ力に耐えられなかったりするので適応できないことがあげられます。
また、インプラントは、自分の歯に比べ歯周病菌に対する抵抗力が無いので、食べたらよく磨く必要性があります。

いがらし歯科医院グループ トップページ いがらし歯科イーストクリニック トップページ いがらし歯科医院 トップページ いがらし歯科医院グループ トップページ いがらし歯科イーストクリニック トップページ いがらし歯科医院 トップページ