インプラント
INC
むし歯の治療
歯周病
予防歯科
訪問歯科診療
院内感染のための取取り組み
スタッフ
ブログ
お問合わせ
トップページ


◆歯周病の成り立ち
歯の周りには、歯を支えるいろいろな組織があります。
歯周組織は歯を支持する歯根膜、セメント質及び歯槽骨とその表面を被膜する歯肉からなり、これらの組織を病変部位とする疾患の総称が歯周病です。


◆歯周病の進行
軽度の歯周病
歯肉の縁が少し赤みを帯びていますが、自覚症状はほとんど分かりません。歯ブラシ時に、たまに出血します。歯石の少量の付着と、歯を支える骨の吸収が始まっています。
   
中度の歯周病
歯肉が下がって、歯が揺れたり隙間が広がっていることに気がつきます。歯石が増えて歯ぐきからの出血が多くなり、口臭がひどくなります。さらに、疲れたときなど歯が浮いた感じがしたり、重い感じがすることがあります。
   
重度の歯周病
歯肉がさらに下がり、歯の揺れがさらに増して悪化すると、自然に歯が抜け落ちてしまいます。口臭は増悪し、やがて食べ物が食べにくくなり、やわらかいものしか食べられなくなります。


◆歯周病治療の流れ
最初にレントゲン撮影や歯肉の検査などをさせていただき、現状を把握します。
お口の状態に合った歯磨きの指導や歯石除去、機械によるクリーニングを行います。
その後、歯肉の中にある歯石やプラークを細かく取り除いていきます。
歯肉の状態によって、外科処置が必要な方には治療を、改善された方はメインテナンスに移行します。
精密検査
歯と歯肉の境目(歯周ポケット)の深さを検査します。その他に、歯の揺れや腫れ、歯肉からの出血を調べます。
   
レントゲン撮影
直接見えない歯の内部や形、顎の骨の状態まで知ることができます。
   
治療計画
検査用紙にまとめて診断し、今後の治療計画を立てます。
   
ブラッシング指導・PMTC
患者様それぞれのお口に合わせたブラッシングを指導します。歯周病治療の中でも、歯磨きは患者様が行うセルフケアでとても大切です。
PMTC(プロフェッショナルケア)は特殊な器具機材を使用して、お口の中の環境を整えます。


◆メインテナンス
歯周病も虫歯も、お口の中の細菌が原因です。
治療後も再発しないように、コントロールすることがとても大切です。
予防をしているかいないかで、歯の状態が大きく違ってきます。
1.定期的なメインテナンス
状況に応じて1ヶ月、3ヶ月毎に歯科医院で歯科衛生士によるプロフェッショナルケアをお受けください。
2.正しいホームケア
歯科医院で指導を受け、お家で実践してください。
白く見えるのが、菌の塊です。いくらゆすいでも細菌は、ほとんど取れません。
   
歯に付着した食べかす等が、染め出し液によって染まったところです。
   
歯の表面からむし歯菌、歯周菌除去しているところです。
   
歯と歯肉の間までむし歯菌、歯周菌除去します。


◆本院では担当衛生士制をとっています
基本的にあなたの治療にあたり、担当の衛生士がつきます。
衛生士は、お家での健康管理、ブラッシング等のホームケアの指導、歯石除去、むし歯や歯周病の予防管理を行います。
歯周病管理の担当衛生士は、ポケット検査から治療計画の立案、歯石除去(SC)等を行い治療計画のご相談をさせていただきます。
歯周病の治療は、歯科診療の中でむし歯や歯根治療、入れ歯製作等の補綴より優先させる、1番先にしなければいけない治療です。
歯肉の中に炎症や歯石、膿がある場合むし歯の治療等が正確にできないからです。
ただし、歯周病の治療を優先させながらも平行して、むし歯の治療をすることが可能な場合があります。
お急ぎの方、時間がない方は担当衛生士とご相談ください。
一通り基本歯周病治療が終わり、歯周外科治療等が必要な場合には、歯科医師より再度治療計画を説明いたします。


◆歯周病は感染症か?
1.カリエス(ウ蝕)との比較
2.感染症であれば、原因菌の除去で治癒するはず!
3.宿主側の問題→歯周病は病気ではない?


◆歯肉炎と歯周炎の違い(細菌から見た)
1.歯肉炎
非特異的細菌の増殖(例外:妊娠性歯肉炎、急性壊死性潰瘍性歯肉炎)
2.歯周炎
特異的細菌の増殖、慢性歯周炎と侵襲性歯周炎


◆S.Socranskyらの仮説
歯周病の進行:一定の速度ではない、進行期・安定期を繰り返す


◆細菌の付着形式(SEM像)


◆歯周組織における細菌分布
浮遊
付着
侵入ー上皮
結合組織
歯槽骨


◆歯周病と細菌


◆歯周病原菌の危険度
Red :歯周炎患者のみ

Orange, Green :病原性高いが健常者からも


◆口腔内細菌の相互関係


◆歯周病が感染症である根拠
1.原因とされる細菌が病変部で優位に検出される。
2.患者において病原性細菌に対する高いレベルの抗体を認める(血清、唾液、歯肉溝滲出液など)。
3.in vitroで病原因子を産生し、それによる変化を組織中で確認できる。
4.実験動物に接種することで歯周疾患の病理変化が確認できる。
5.病変部から細菌を除去することで改善を認める。


◆歯周細菌の病原因子
1.歯周組織に損傷を与える酵素(コラゲナーゼ、トリプシン様酵素、アルカリフォスファターゼなど)。
2.細胞毒性を持つ代謝産物(硫化水素、揮発性脂肪酸)。
3.細菌定着因子(線毛タンパク)。
4.免疫抑制作用のあるもの(免疫グロブリン・補体などの分解酵素)。
5.細胞毒素(エンドトキシン)。
 内毒素:グラム陰性菌の外膜構成成分であるリポ多糖(LPS) → P.gingivalis
 外毒素:ロイコトキシン → A.actinomycetemcomitans


◆妊娠性歯肉炎
ステロイドホルモン+口腔清掃不良
P.intermedia
  ↓
プラークコントロール


◆Prevotella intermedia


◆急性壊死性潰瘍性歯肉炎
ストレス,栄養障害,疲労など全身状態に起因
中型のスピロヘータ,P.intermedia
  ↓
対処療法(ガーゼなどによるプラークコントロール)


◆アレルギー性歯肉炎
合成樹脂(レジンなど)
非貴金属


◆薬物性歯肉増殖
フェニトイン(てんかん治療薬)
ニフェジピン(高血圧)
シクロスポリン(免疫抑制剤)


◆慢性歯周炎
Porphromonas gingivalis
Tannerella forsythensis
Treponema denticola


◆Porphromonas gingivalis


◆侵襲性歯周炎

若年性

限局性


◆Actinobacillus actinomycetemcomitans


◆歯周病の病型と関連細菌
・慢性歯周炎
・インスリン非依存型糖尿病関連歯周炎
・Prophyromonas gingivalis(歯周膿瘍)
・侵襲性歯周炎
・インスリン依存型糖尿病関連歯周炎
・Actinobacillus actinomycetemcomitans
・急性壊死性潰瘍性歯肉炎
・妊娠性歯肉炎
・Prevotella intermedia


◆遺伝的因子による歯周疾患
1.ダウン症
第21染色体の構造異常、歯周疾患に易罹患性、重篤度が高い
2.パピヨン・ルフェーブル症候群(Papillon-Lefevre)
手足の過度の角質化、乳歯の萌出時に骨吸収、若年性歯周炎に類似した症状
3.チェディアック・ヒガシ症候群(Chediak-Higashi)
髪・皮膚の白子症状、好中球の機能異常、著明な骨吸収を伴う重度歯周炎


◆全身性増悪因子
1.遺伝
無カタラーゼ症、Papillon-Lefevre症候群、Sjogren症候群など
2.代謝性疾患
糖尿病
3.内分泌疾患
骨粗しょう症
4.感染性疾患
AIDS(エイズ)


◆ペリオドンタルメディスン
歯周疾患と全身状態の関わり
医学的な根拠により歯周病の予防や治療を行うこと
  ↓
歯周病:心臓血管障害、糖尿病、細菌性肺炎、低体重児早産など


◆歯周治療における薬物療法
機械的プラークコントロールに比べると薬物療法のみでは効果は少ない
機械的+化学的プラークコントロール
薬物療法の注意点
 ・副作用、アレルギー
 ・耐性菌の出現
 ・菌交代現象


◆局所薬物配送システム(LDDS)
歯周病関連細菌に感受性の高い薬剤を歯周ポケットに直接に挿入する方法
テトラサイクリン系薬剤(塩酸ミノサイクリン)を使用する
LDDSの特徴
 ・薬剤量の軽減(1/1000程度)
 ・薬効の長期持続
 ・副作用の減少
 ・歯周基本治療後に使用
 ・急性症状に使用
 ・侵襲性歯周炎に使用

いがらし歯科医院グループ トップページ いがらし歯科イーストクリニック トップページ いがらし歯科医院 トップページ いがらし歯科医院グループ トップページ いがらし歯科イーストクリニック トップページ いがらし歯科医院 トップページ